リスクの低いクレジットカード現金化の方法

クレジットカード現金化はカードの規約違反でもあり、違法に近いグレーゾーンの行為です。そのため、現金化したことがカード会社に知られると、カードが利用停止なってしまいます。現金化をするなら、バレるリスクをできるだけ抑えた方法をとるべきです。どのような方法があるのでしょうか。
■バレやすい方法
自分で金券やチケットなどを購入して転売する方法はバレやすいです。1回や2回程度なら、目をつぶってもらえるかもしれませんが、何度も繰り返して金券やチケットなど、すぐに換金できるようなものを買っているとカード会社に目をつけられてしまいます。
クレジットカード会社は、現金化しやすい商品をチェックしています。現金化しやすいものばかりを購入していると、目をつけられて現金化していることを疑われてしまいます。カードが利用停止になるような事態は避けたいですね。
■バレにくい方法
比較的バレにくいのは、クレジットカード現金化の専門の業者を利用することです。インターネット上のみで取引ができるため、即日に現金化することができます。非常に便利ではありますが、法律的にグレーゾーンの行為のため、悪質な業者も中には存在しています。優良な業者を選択できるよう、気をつけなくてはいけません。
1番バレる可能性が少ないのは、偶然を装った現金化の方法です。一見クレジットカード現金化をしているとは思えないので、ほぼ100パーセントバレることはありません。その方法は、飲み会など大勢でまとまったお金を使う時に、自分のカードで払い、立て替えて、みんなから現金を回収する方法です。業者のように手数料をとられうることもありませんし、還元率を気にする必要もありません。
■偶然を装った現金化
カードで他の人の分を立て替えて現金を回収する方法は飲み会以外でも使えます。複数人で外食をしたり、誰かへお祝いの品などを買ったりする時など、割り勘になるような支払いではすべて使える方法です。

自分でクレジットカード現金化をするには?

自分でクレジットカードの現金化をする方法もあります。
実際にそれを実行している人もいるでしょう。
ではどのようにして、自分でクレジットカード現金化を行えるのでしょうか。
■クレジットカードで買った商品を売る
クレジットカードで買った商品を売れば、それで現金化は可能になると言えるでしょう。
でもどのような商品を買えば良いのか悩む場合も多いでしょう。
どんな商品でも良い価格で買い取ってもらえるわけではないのです。
そのため、中古で高く売れる商品を選ばなければいけません。
これは、ある意味とても手間がかかります。
換金率が高いと思い購入した商品を実際に売ったのに全然高い額で売れないケースもあるのです。
■高く売れやすい商品とは
実際に自分でクレジットカード現金化をするとしたら、ブランド品や商品券や金券などを購入すると良いでしょう。
でもどのブランド品でも良いわけでもないので、これも選ぶのが難しいところです。
ゲーム機も高く売れる場合がありますが、売る場所にもよるでしょう。
どこで売るかを探さなければいけないのも、自分でクレジットカード現金化をする時に面倒なものなのです。
しかも早くお金が欲しいのに、欲しくもないものを購入して売れる場所を探すという労力は、かなり大きいものでしょう。
■どこで売るべきか
例えばブランド品なら質屋で売るような方法があります。
でも色々な質屋を回って、一番高く売れる場所を探している余裕が無い場合もありますよね。
早くお金が欲しい、でも安いお金で満足したくないという葛藤があるため、かなり悩むことになるでしょう。
■リサイクル業者などを利用する方法も
商品によっては、リサイクル業者を利用することも出来ます。
でもこれに関しても、査定に時間がかかったり、何店舗も回らなければいけないかもしれませんので、とても時間がかかるでしょう。
■結果としては…
自分でクレジットカード現金化をするのは、かなり手間がかかることだと言えるでしょう。
それでも自分でやってみたいと思うのであれば、一度試してみることにより、やっぱり業者に頼んだ方が良いかもしれないと思えてくるはずです。

[PR]即日マネー.netでは、パートナーギフトの口コミをご紹介しています。